にきびの治療は皮膚科にお任せ!ケミカルピーリングが効果を発揮

にきび治療

にきび治療の方法は色々とあります。なかには普段自分でにきび治療をしているという人もいるかもしれません。しかしできればにきび治療は自分で行わない方がいいでしょう。

なぜなら間違ったにきび治療をしてしまうと、完治しないばかりか完治までに時間がかかったり、最悪の場合にはにきびが悪化してしまう可能性が高いのです。ですからにきび治療をする場合に自分で荒療治的なことをするのは避けましょう。

具体的なにきび治療の方法としては、まず一つ目としてでき始めてすぐに皮膚科へ行くという方法があります。皮膚科へ行って適切に処置を早い段階でしてもらうことでかなり悪化を食い止めることができますのでお勧めです。他にも皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬を飲むことで治療になります。

膿が中にたまっているにきびができるという人もいると思いますが、にきび治療で自分で膿を出してしまう人もいます。この方法をすると皮膚が必ず傷つきますし、膿ができていた部分にバイ菌が入ればさらににきびが悪化してしまう可能性があります。

本当は膿ができるまで放っておくのではなくて、もっと早めに皮膚科へ行くことをお勧めしますが、行けずにいた場合でも、にきびの膿を自分で出すのではなくて、皮膚科へ行って出してもらうようにしましょう。

にきび治療は正しい方法や知識が必要です。この正しい方法を間違えてしまうと治るどころか悪化しますので十分に注意しておく必要があります。

皮膚科のにきび治療

頬を触る男性の画像

皮膚科でにきび治療ができるということをご存知でしょうか?あまり皮膚科でにきびの治療ができると知っている人はいないのかもしれませんが、冷静に考えてみても、にきびは皮膚にできますからにきび治療は可能なのです。

皮膚科でのにきび治療ではどのようなことが行われているのかというと、今までの皮膚科でのにきび治療というのは抗菌作用がある薬を処方してもらって外用薬として塗るという方法、そして抗生物質やビタミンなどの内服薬を処方されて飲むという方法で皮膚科の治療を受けることが一般的でした。

軽めのにきびやにきびのでき始めなどにはこれで効果があるのでいいのですが、にきびを放置して悪化してしまったものに対してはなかなかこれでは効き目がありませんでした。

皮膚科での治療でもにきびが治らないという場合には、なかなか大変です。そこで最近ではにきび治療として皮膚科が行っている一環としてケミカルピーリングが行われています。ケミカルピーリング治療と呼ばれているのですが、これは美容のためでも行われているケミカルピーリングをにきび治療にも導入しているのです。

一般的にはケミカルピーリングは1ヵ月くらいで角質をきれいにとってしまうとい治療法です。皮膚科でケミカルピーリング治療を行うところもありますし、自宅でもケミカルピーリング治療ができるようにするために、ホームケミカルピーリングセットなどを処方している皮膚科なども増えているのが現状です。

にきびの薬

にきびに悩んでいる人の中にはにきび薬を使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。ドラッグストアや薬局などではにきび薬の販売が行われています。

クレアラシルなどはCMなどでも有名なのでご存知の方も多いかもしれませんね。にきびの症状を改善したりしてくれる薬ではありますが、誰でも市販のにきび薬が効果があるとは限りません。

にきび薬は人によっては効果がない場合もあり、症状によっては市販の薬では治療できないという場合もありますから、その場合はできるだけ皮膚科で早めに見てもらうということが大切です。

一般的ににきび薬と一言で言っても、誰にでも合ういうわけではありません。にきびの肌質も色々と人によっては違っています。また飲み薬もあれば塗り薬もあります。にきびの原因やどれくらいの症状なのかということによってもにきび薬を選んでいく必要はあるのです。

にきび薬を使う場合の症状も人によって違っているのですが、小さめのにきびがポツっとできているくらいならまだ市販のにきび薬を使っても間に合うかもしれません。

しかし、熱をもっていたり、赤くはれているような膿のあるにきびの場合には、市販のにきび薬を使っても、もうなおらないという場合もあります。にきび薬を選ぶ場合には皮脂を取り除く働きがあるようなものを選ぶようにして、角質もとってくれるようなものなどもいいですね。また炎症を抑える働きをする薬もありますから自分の目的に合わせて選ぶことが大切です。

にきびと漢方

にきび治療の方法として漢方薬を使っているという人は多いのではないでしょうか。市販の薬を使わずに漢方薬を使うという人は多いと思います。

市販の薬よりも即効性がないのが特徴ではありますが、にきびそのものを治療するというのではなくて、体質そのものを改善させてくれるという働きがあります。

漢方薬を飲んでいくことでにきびができにくいような体質になるといわれています。

にきびができる原因はホルモンのバランスが崩れていたり胃腸が弱っていることが原因とも言われていますから、にきびを抗生物質で治療するという場合には、その時は治療につながるのですが、薬を飲むのをやめてしまったら、またにきびが再発するということはよくあることです。

しかしにきびに漢方薬治療を用いた場合にはそのにきびそのものに働きかけるというよりも自己治癒力、免疫力をアップさせるという効果がありますから、飲むことをやめたとしても、体質が改善されていることが多く、そうなるとにきびの再発がないといわれています。

にきびの種類やにきびの原因によって漢方薬の種類というのは違ってきますから、それぞれに合った漢方薬を摂取するということがお勧めです。

漢方薬を手に入れるという場合には、薬局やドラッグストアでも販売されていますが、漢方薬を専門で取り扱っているようなところで、実際の症状を伝えて処方してもらうといのが一番です。即効性はありませんが2週間から1ヶ月半もすれば効果は現れてくるでしょう。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました