メンズのにきびにオロナインも有効!

オロナインとにきび

オロナインと言えばきりきずを作ったときとか、しもやけや赤ぎれの時などに使う軟膏として知られているのですが、オロナインはほかの使い方もあるんですね。

オロナインを販売している大塚製薬のホームページでも紹介されているのですが、にきびの治療としても使うことができるのです。にきびと言えば思春期だけでなく最近は大人ニキビも出来やすいといわれています。大人にきびを予防、治療するときでもオロナインが効果があるとして紹介されています。

にきびによる初期の症状の場合には早めにオロナインを使えば悪化を防ぐことが可能です。しかし悪化してしまって症状が重度の場合にはオロナインを使っても、にきびの炎症は治まらないこともありますから、その場合には、早めに皮膚科などへ行って治療を受けましょう。

ではどのようにオロナインを使ってにきび治療を行うのでしょうか。にきびや吹き出物ができてしまった部分に、オロナインを少し手にとってすりこんでいきます。べたべたとしてしまっている場合にはタオルやガーゼでふき取るといいでしょう。

にきびだけでなく、やけどにも効果があるのですが、早めに対処しておくことで化膿することを防ぐ効果がオロナインにはありますから、早めに対処しましょう。

先ほども書きましたが膿ができてしまっているような悪化している状態の場合には、オロナインでもにきび治療ができないと思いますから、この場合は早めに皮膚科へ行きましょう。

にきびとステロイド

にきび治療に使われる外用薬の一つとしてステロイドというのを聞いたことがある人は多いと思います。ステロイドは副腎皮質ホルモンのことですが、ひとの体の中でもともとはつくられているホルモンなのですが、腎臓の上の副腎でつくられているホルモンです。

このステロイドの大きな特徴は、体の中で何らかの炎症が起きているという場合には、その炎症を軽減させる作用があるといわれています。ステロイド剤を使うことでにきびによる炎症を抑えることが可能なのです。

しかしにきび治療にステロイドを使うことを少しためらっているという人も中にはいると思います。ステロイド剤は副作用が強いといわれているからです。

ステロイドは色々と副作用があるといわれているのですが、その副作用はよほど過剰に塗らない限りは大丈夫とされていますから、にきび治療に一時的に塗った位なら大丈夫ではないでしょうか。ストロイドを使うことでにきびの炎症を抑えることが可能なのですが他の外用薬で治したいと思っている人も多いと思います。

しかし即効性がありすぐににきびの炎症を抑えたいと思っているのであれば、やはりステロイドを使うことが一番です。ステロイドは強いというイメージがある人もいますが、にきびの症状に合わせて処方されますから症状が軽い人の場合にはそれほど強いステロイドは処方されませんので、安心していいと思います。医師の指示に従って使う期間などを守ればにきび治療がスムーズに進みます。

ストレスとにきび

ストレスとにきびはかなり密接に関連しているといわれているのですが、にきびの直接の原因になっているのはストレスではありません。ストレスは間接的な原因といってもいいと思います。

ではにきびの原因に直接関連しているものというのは何かというと、皮脂過剰が原因です。この皮脂過剰はストレスにかなり影響があるとも言われているのです。

人というのは精神的にストレスが過剰になった場合には、体の中でストレスホルモンが発生します。ストレスホルモンが分泌されるとビタミンB2の働きを抑えてしまうのです。ビタミンB2というのは聞いたことがあるという人も多いと思いますが、肌の皮脂の量を調整しているとても大切な成分の一つです。

肌の皮脂の量を調整しているこのビタミンB2が不足してしまうということは、それは、皮脂の分泌のコントロールがきかないことになりますから、そのために皮脂の分泌が増えてしまうのです。

ストレスによってビタミンB2が抑制されるということでにきびが出来やすい原因につながります。ですからストレスは直接的には原因になっていないといっても、結局はストレスが原因で皮脂の分泌が過剰になるということになります。

現代はストレス社会といわれているのですが、ストレスをいかに解消してためないようにして毎日を過ごすかどうかということが、にきびを作るかつくらないかにかかわってきますから、できるだけストレスはためないようにした方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました