部位別ニキビのできる原因と対処法

あごのニキビ

ニキビができる場所というのは人それぞれ違っていると思いますが、あごにニキビができるという人も中にはいるのではないでしょうか。あごニキビができてしまう原因というのは一つではないので色々なものが重なって原因になっています。

まず、思春期の頃にできるニキビよりも、あごニキビはどちらかというと大人ニキビの種類の一つと考えていいと思います。あごのラインやフェイスラインなどに出来てしまうのですが、比較的悪化しやすい傾向にあります。また一度できて治ったとしても、またあごニキビは出来やすいとも言われているので繰り返されることもよくあるのではないでしょうか。

何度も同じ場所ににきびができてしまうということは、それだけ何度も治療して治ってを繰り返すわけですから当然あごにニキビ跡が残るということもよくあります。

あごのニキビの治療法というのは間違えると悪化して何度も繰り返してしまう癖が付きますから注意しましょう。ではあごニキビというのはなぜできるのでしょうか。その原因は男性ホルモンが関係しているといわれています。男性ホルモンの分泌が活発になることで皮脂の分泌量も多くなり、それがあごニキビの原因につながるといわれているのです。

ということはあごニキビが出来やすいという人は男性ホルモンの分泌が多いということになります。女性の場合にはホルモンのバランスが崩れている時などにもあごにきびが出来やすいといわれています。ストレスがたまっていることも原因の一つなので注意しましょう。

背中ニキビ

背中ニキビって聞いたことがありますか?それは背中にできるニキビのことです。ニキビというのは顔にできるものだと思っている人も中にはいるかもしれませんが、実はニキビは背中にもできるんです。

顔には皮脂線がたくさんありますが、背中にも皮脂線はたくさん存在しています。皮脂線が多いということは毛穴が詰まりやすい可能性が高いことになり、背中ニキビができてしまうのです。背中ニキビができやすい季節というのは夏場です。夏に汗をかいてそのままにしておいたらにきびになってしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。

他にもお風呂に入ったときにシャンプーをしてきちんとシャンプーやリンスが流れていなくて背中についたままの状態になっているという人も、背中にきびの原因になっています。

背中ニキビは顔のニキビと比べてみると自分の目で確認することが難しい場所にありますから実際に出来ていたとしても気がつかない場合がありますが、ファッションによっては背中が見えたりする場合もありますから女性の場合にはとくに注意しましょう。

結婚式を控えているという人の場合などは背中が開いたドレスを着た時に、背中にきびが見えるといけませんから、早い段階からケアしておかなくてはいけません。

綺麗な背中にするためににきびを治療するにはかなり時間がかかります。ニキビができているという場合にはできるだけ、通気性のいい洋服を着るようにして、汗もすってくれるような素材の服を選びましょう。

首ニキビ

首ニキビというのはあごのラインから、首の周りに出来てしまうようなニキビのことを言います。首ニキビの特徴としては、少し固めでニキビを押してみるとしこりがあるような赤くはれているニキビになるということが特徴です。

特に思春期の頃にできるというよりは、20代以降に出来やすいといのが特徴です。思春期ニキビはなくて、大人ニキビの一つです。

首というのは顔と比較してみると、それほど皮脂線は多くないのですが、一度できてしまうとなかなかニキビが治らないのが特徴です。個人差があるのですが、悪化してしまった場合には色素沈着にもなりますし、ニキビ跡が残ってしまうという人も多いといわれています。

なぜ首ニキビはできるのでしょうか?その原因も人それぞれあるといわれているのですが、ストレスや仕事などの環境を受けやすいといわれていますし、また過剰に脂分を摂取していることが原因とも言われています。ストレスというのは首にきびに限らず、あらゆる部分のにきびを出来やすくする傾向にあるといわれています。

他にも首ニキビができる原因としては顎から首の部分というのは意外と汗を普段からかきやすい部分でもあります。運動をしに時でも気温によっては首に汗をかくことは多く、汗をかいたままにしておいた結果ニキビの原因になっているのです。

首ニキビの治療法としてはできるだけ早めに対処するということが大切です。治療法としては抗生剤の投与やレーザーなどの治療が一般的です。

鼻ニキビ

鼻ニキビというのは鼻にできるにきびのことを言うのですが、鼻の上にできたり、横にできたり下にできたりいろいろです。鼻の表面にできるようなにきびの場合には塗り薬を使って治療をすることが可能ではありますが、鼻の穴に出来てしまうにきびの場合には塗り薬を塗るだけではなかなか治療はできません。
ニキビ
そもそも鼻の原因というのは何でしょうか。鼻にできるニキビの原因は皮脂が過剰に分泌してしまうことによって鼻にある毛穴が詰まったことによってできてしまいます。一般的なニキビと同じ理由で、悪化してしまった場合には毛穴の中にいるアクネ菌が炎症を起こして膿をもつようなにきびになってしまう可能性もあります。

皮脂の過剰分泌が原因ではありますが、それ以外にも鼻ニキビの原因はホルモンバランスが崩れていることも原因といわれています。思春期にできるにきびとして出来やすいといわれています。

思春期は自然とTゾーンとよばれるおでこから鼻の部分に皮脂が過剰分泌しやすいといわれているので、このことから鼻にきびが出来やすいといわれているのです。成長ホルモンが過剰に分泌することがホルモンバランスの崩れにつながるので、一時的なものとして鼻ニキビができるといわれています。

鼻ニキビを治療する方法としては皮脂に分泌を抑えたり、Tゾーンの皮脂をこまめに洗顔をしたりして、清潔に保つことも大切です。毎日の鼻のにきびの予防法として正しい洗顔をするということも大切なことになるのではないでしょか。

頭皮のニキビ

頭皮のニキビとは頭皮にできるのニキビことを言います。一般的にといニキビうのは顔や首、背中などに出来やすいとも言われているのですが、人によっては頭皮にもにきびができます。

頭皮のとニキビいうのは脂漏性皮膚炎に間違われたりするということもよくあるようなのですが、その原因はストレスが原因であったり、ホルモンのバランスが崩れていることが原因であるといわれています。他にも過剰に皮脂の分泌が行われていることなども関係しているといわれています。

頭皮のニキビの原因は顔のニキビと一緒で頭皮の毛穴が詰まってしまったことから起きるといわれているのですが、その具体的な原因としてはシャンプーをした時に、シャンプーやリンスがきちんとすすげていないというような場合も原因になっているといわれています。

皮脂が過剰分泌されたこと、汚れや不正性な頭皮になっていること、ストレスなども関連しています。

頭皮ニキビにができているという人は一度シャンプーの方法について少し考えたうえでよくすすぐような努力をしてみることが大切です。場合によってはシャンプーそのものがあっていないこともありますから、シャンプーがあっていないという場合にはかえたりして自分に合ったシャンプーで正しい洗髪をするようにしましょう。

頭皮ニキビができてしまった場合にはどうすればいいのかというと、ニキビの毛穴のつまりを解消する必要があります。そのためには清潔を保つことや紫外線から守ることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました