大人ニキビはストレスが原因!生活習慣の改善と早めのケアが重要

大人ニキビについて

大人ニキビに悩む人がいま昔よりも増えているといわれています。なぜこれほどまでに大人ニキビに悩む人の数が増えたのか、その理由は色々とあるといわれています。理由を紹介する前に大人ニキビとは何か紹介したいと思います。

ニキビと言えば、思春期にできるというイメージを持っていた人も多いと思います。思春期を過ぎてから出来るにきびのことを吹き出物という呼び方で呼ぶこともあったのですが、ここ数年吹き出物とは言わずに大人になってから出来るにきびのことを大人ニキビと呼んでいるのです。

大人ニキビというのも思春期にできるにきび同様にして、脂っこい部分やべたつく場所などに出来やすいとされています。種類も思春期のにきび同様に、いろいろな種類があります。

例えば大人ニキビの種類として代表的なものが白い膿をもっているニキビです。油の塊のような芯があり、少し押すと痛みを感じることもあると思います。

この大人ニキビを無理やり爪で潰すという人も中にはいるようですが、肌を傷つけてしまいますから、無理やりつぶしてはいけません。

そして大人ニキビとしては、他にも赤いニキビや黒いなどもあります。もともとは同じにきびでしたが、症状の重症具合によって色が変化していきます。

これらの大人にニキビできる原因としてはストレスが原因であったり、不規則な日常生活が原因とも言われていますし、また栄養が偏った食事を食べていることで大人ニキビができるとも言われています。

ニキビ跡について

ニキビ跡が残ってしまって化粧で隠れるという人はいいのですが、男性の場合は化粧はしませんから目立ってしまう人も多いともいますし、女性でもニキビ跡の具合によっては化粧で隠せないという人も中にはいるのではないでしょうか。

ニキビ跡ができる理由は、ニキビが悪化して顔の炎症がひどくなってしまったために、その部分が治ったとしても、跡が残ってしまうのです。

ニキビ跡といっても人それぞれ症状は色々で、少し跡が残っている程度だという人も中にはいますし、ひどい人になるとクレーターと呼ばれる月の表面のようにえぐれているように、顔の皮膚がなってしまっているような人もいます。

ニキビ跡が一か所ならまだいいのですが、クレーターのようなひどいニキビ跡が顔中に出来てしまっているというケースもありますから、十分にニキビケアには注意が必要です。

ニキビが悪化したことによってにきび跡はできますが、他にも爪で無理やりニキビの芯を押しだしたりした場合にも皮膚が傷ついてその部分が跡になってしまいます。

一度できてしまったニキビ跡というのはなかなか解消することが難しいですから、ニキビができたら、できるだけ放っておかないで、すぐに対処をして悪化させない工夫が大切です。

悪化させてしまうとその部分のなおりが遅くなりますし、そうなってしまうとニキビ跡が残りやすくなってしまいます。ニキビ跡は一度できると完治することは難しいので注意しましょう。

ニキビ治療について

ニキビ治療の方法は色々とあります。なかには普段自分でにきび治療をしているという人もいるかもしれません。しかしできればにきび治療は自分で行わない方がいいでしょう。

なぜなら間違ったニキビ治療をしてしまうと、完治しないばかりか完治までに時間がかかったり、最悪の場合にはニキビが悪化してしまう可能性が高いのです。ですからにきび治療をする場合に自分で荒療治的なことをするのは避けましょう。

具体的なニキビ治療の方法としては、まず一つ目としてでき始めてすぐに皮膚科へ行くという方法があります。皮膚科へ行って適切に処置を早い段階でしてもらうことでかなり悪化を食い止めることができますのでお勧めです。他にも皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬を飲むことで治療になります。

膿が中にたまっているニキビができるという人もいると思いますが、ニキビ治療で自分で膿を出してしまう人もいます。

この方法をすると皮膚が必ず傷つきますし、膿ができていた部分にバイ菌が入ればさらにニキビが悪化してしまう可能性がありますので、本当は膿ができるまで放っておくのではなくて、もっと早めに皮膚科へ行くことをお勧めしますが、行けずにいた場合でも、ニキビの膿を自分で出すのではなくて、皮膚科へ行って出してもらうようにしましょう。

ニキビ治療は正しい方法や知識が必要です。この正しい方法を間違えてしまうと治るどころか悪化しますので十分に注意しておく必要があります。

まとめ

年齢を問わず男の肌を悩ますニキビですが、生活習慣に気を付ける事が重要です。

もし、ニキビができてしまったら自分で膿を出したりすることなく近くの皮膚科に見てもらいましょう。適切な処置をすればニキビ跡に悩まなくて済む場合が多くなります。

スッキリした毎日を過ごすためにも早めのケアを心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました