敏感肌のメンズ必見!正しいひげ剃りの方法

シェービングによるカミソリ負けや切傷などの経験はありませんか?

男は面倒くさがりの生き物なので、肌の事など気にする事なくひげを剃っている人が大半かもしれません。しかし、無頓着にひげの手入れを行った結果、肌荒れなどのトラブルに見舞われるケースもよくあります。

特に敏感肌の人は注意が必要です。

こちらでは、敏感肌の人のひげ剃りによるトラブルの対処法をまとめました。

ひげ剃り前に適切な肌の下準備を行う

朝起きていきなりひげを剃る行為は絶対やってはいけません。なぜなら肌トラブルが発生する可能性が高まるからです。

まずは洗顔です、余計な皮脂や汚れがあると刃の通りが悪くなるので洗い流しましょう。
洗顔料はメンズ専用の物を使用する事をお勧めします。

次に剃りやすくするためにひげを柔らかくする必要があります。

理容店に行くとひげを剃る前に蒸しタオルで肌を温めますよね、あれもヒゲを柔らかくする為にやっているのです。

同じ要領で2~3分肌を温めましょう。

適切な道具を使用しよう

刃の滑りを滑らかにするのがポイントです。

ひげが刃に引っかかる事を防ぐのにシェービングジェルを使用しましょう。

シェービングジェルは乾燥しにくい物を選んで使ってください。性能の高い多枚刃のカミソリを使えばよりスムーズにひげを剃ることができます。また、肌への負担も少なくて済みます。


刃の状態を確認するのもポイントです

刃の切れ味が悪いと肌に刺激を与えトラブル発生の原因になります。もちろんうまく剃る事ができないため、思わず力を入れてしまい肌を傷をつける事もあります。

ひげに引っかかりを感じたり、その他違和感を感じたらすぐに刃を交換しましょう。

プラネット
プラネット

敏感肌の男はカミソリにこだわるのじゃ

正しい方法でひげを剃る

力を入れず優しく軽いストロークで剃りましょう。まずはひげの生えている方向に沿って剃ります。その後、より深く剃るために逆剃りしましょう。

唇の周りは最後に剃ります。他の部分を剃っている間にシェービングジェルが浸透し、よりスムーズに、より滑らかに毛を剃ることができます。鼻の下の剃りにくい部分は1枚刃のカミソリを使うのが有効です。

ヒゲ剃り中にはカミソリの刃を頻繁にすすぐ事も大事です。
刃先や刃と刃の間に詰まった毛を取り除くことで快適にひげを剃ることができます。

ひげ剃り後は冷水で洗い流しアフターケアを行うことが鉄則です。

せっかく丁寧にひげ剃りをしても、アフターケアが悪いと無意味になってしまいます。

特に肌の乾燥を抑えるために保湿を行いましょう。メンズ専用の化粧水と乳液を塗ることで完璧に仕上がります。

敏感肌の人は参考にしてみてください。

あわせて読んでおきたいひげそりケアがこちら

404 NOT FOUND | Men’s美容
30代の独身男性を刺激するメンズ向け情報サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました